商品情報

パッケージソフト

BarTendar 2019

GS1公認 バーコードソフトウェア
BarTenderは、世界をリードするラベル、バーコード、カード、および RFIDタグの設計および印刷ソフトウェアです。ラベルの作成、発行、入力、履歴、全てお任せのオールインワンアプリケーションです。

■BarTender 4つのエディション
 Free / Professional / Automation / Enterprise

■BarTenderアプリケーション
・BarTender Designer(レイアウト、フォームのデザイン)
・Print Station(フォーマット一覧表示、印刷)
・Administration Console(権限管理)
・Data Builder(独自データベース)
・Process Builder(バッチ処理)
・Integration Builder(自動化)
・Reprint Console(再発行)
・History Explorer(発行履歴)
・Printer Maestro(プリンタ、印刷ジョブのモニタ)
・Librarian(ファイルのバージョン管理)
・Print Portal(クラウド発行)



※山京インテックは、Seagull Scientific社のプレミアムソリューションパートナーです。
BarTenderソフトウェアの販売だけでなく、BarTenderを活用したラベル発行システムも得意としております。ラベル発行でお困りごとがございましたら、是非ご相談ください。

>> BarTender Webサイト

BarTenderアプリケーション紹介

■BarTender Designer(バーテンダー・デザイナ)
 BarTenderで使用するBarTenderドキュメントのレイアウトや、入力フォームを作成します。
 項目のドラッグ&ドロップで、Microsoft Officeに近い感覚でレイアウトを作成することができます。
 文字やバーコードだけでなく、罫線や画像もレイアウトに含めることができます。
 CSVやExcel等データベースとの接続や、印刷時にロットや期限といった可変情報を入力する等、簡単なラベル発行をBarTender単体で実装することが可能です。
 レイアウト・入力フォームの作成や、作成方法のレクチャーも承ります。

■Print Station(プリント・ステーション)
 BarTenderドキュメントを視覚的に選択でき、誰でも簡単に印刷することができます。デザイン編集画面を開かないので、誤ってラベルデザインを崩してしまうリスクがなく、安心して印刷できます。
 あらかじめ参照フォルダを設定しておくと、フォルダごとに管理することができます。

■Administration Console(アドミニストレーション・コンソール)
Administration Consoleは、プリンタ使用可/不可、データベース設定、Integrationの管理、各種セキュリティ設定(ユーザー毎の機能制限等)、BarTenderシステムデータベースの設定を行う事ができます。

■Integration Builder(インテグレーション・ビルダ)
 インテグレーションの機能を使うことで、ラベル自動発行印刷プリンタの自動振分け、印刷結果の通知アクションなどがBarTender単体で構築できます。設定、構築方法などはご相談ください。
※AutomationもしくはEnterpriseエディションが必要です。

特長

仕様

システム要件 ■OS
・Windows 10、8.1、8、および7
・Windows Server 2016、Server 2012、および2012 R2、Server 2008、2008 R2
※すべての32ビット版と64ビット版(x 64)のエディションが含まれます。

■メモリ、ストレージ容量
・BarTender Designerのみ:
 ・32ビット版:メモリ1GB/ストレージ空き容量1GB
 ・64ビット版:メモリ2GB/ストレージ空き容量1GB
・AutomationエディションおよびEnterpriseエディション:
 ・32ビット版:メモリ4GB/ストレージ空き容量20GB(ログ取得用)
 ・64ビット版:メモリ8GB/ストレージ空き容量20GB(同上)
 ※一連のアプリ全体を利用

■画面解像度
・1024 × 768 以上

■.NET Framework
.NET Framework 4.0が必要です。
※BarTenderインストーラは必要なすべての.NET Frameworkコンポーネントを自動的にインストールします。

■SQL Server
印刷ジョブとイベントメッセージの記録には次のいずれかが必要です。
・Microsoft SQL Server 2005 Express以上(BarTenderに含まれるMicrosoft SQL Server 2012 Express)、または
・Microsoft SQL Server 2005以上(別途導入)
バーコード対応種類 ■1次元バーコード
・JAN-13 / EAN-13 / JAN-8 / EAN-8 / UPC-A / UPC-E
 (2桁と5桁のアドオンの有・無)
・Code128 / GS1-128
・GS1 DataBar(旧RSS)
・Code39(フルASCIIと標準) / Trioptic
・Interleaved 2 of 5 / ITF-14
・Codabar
・Code93
・MSI Plessey
・Telepen

■2次元シンボル
・QRコード / マイクロQRコード / GS1 QR / iQR
・Data Matrix / GS1 DataMatrix
・PDF417 / MicroPDF417
・GS1コンポジット(合成シンボル)
・Aztecコード
・MaxiCode

■郵便コード等
・日本の郵便
・オーストラリアの郵便
・カナダの税関
・KIXコード
・ロイヤルメール:タイプC / タイプL / CMDM
・シンガポール4州郵便番号
・UPS MaxiCode
・USPSインテリジェントメール / USPSプラネット / USPSポストネット
RFID対応種類 EPC Gen2、EPC Class 1、ISO 18000-6b、ISO 15693、Tag-It、I-CODE、TagSys、My-d、およびPicotagタグタイプ。
DoD、Wal-Mart、SGTIN、SSCC、GIAI、GID、GRAI および SGLN など、すべての EPC データ形式がサポートされています。
(注:FreeエディションではRFIDはサポートされていません。)

事業紹介を見る