商品情報

すべて表示

ダイレクトパーツマーキング

手術用の医療器具機材の管理にダイレクトパーツマーキング(DPM)が使用できます。
器具機材に二次元シンボルをマーキングすることで、トレーサビリティやセット組の確認等に使用できます。

特長

ダイレクトパーツマーキング(DPM)とは…
バーコードや2次元コードは、ラベルに印字して様々なものに貼り付けて使用するか、カード等に印刷して読みとるケースが多いです。
しかし、バーコードや2次元コードで管理を行うものには、ラベルの貼り付けスペースがないものや洗浄が必要な手術機材等、 様々な事情でラベルの貼り付けができないものがあります。
このような場合、管理対象品に直接コードを印字するダイレクトマーキングが選ばれます。

ダイレクトマーキングは素材に直接マーキングするため、ラベルのようにはがれる心配がなく、厳しい環境下でも長期間の読み取りが可能です。
高い耐久性だけでなく、省スペースへの印字が可能な為、医療機器業界での需要拡大が見込まれます。
2016年の医療機器業界UDI運用マニュアルにもDPMの記述が盛り込まれ、DPMへの関心が高まっております。


ダイレクトパーツマーキングの特徴
器具の紛失防止など医療の安全性向上や業務の効率化
ビーコン電波を発信することにより検知します。

トータルサポートが可能
マーキング、検証、読み取り(運用)において、機器提供からシステム構築までトータルサポートできます。

費用削減が可能
鋼製小物1本毎の使用回数、滅菌有効期限の管理で効率的な機材管理につながります。

耐久性の高いマーキング
検証を行うことで、最適なマーキングを行うことができ、再マーキングのサイクルを長くすることができます。


≪ダイレクトパーツマーキングの使用方法≫
STEP1:対象器具に2次元コードを印字する
専用のマーキング装置を使用して2次元コードを対象器具にマーキングします。

2次元シンボルマーキング装置 MPX-90Mの特徴
・打刻式ならではの精密なマーキング
・1mm角に26バイト(半角英数26文字)の2次元コードのマーキングが可能。
・使い勝手に優れたマーキング専用ソフトが標準で付属
・設置場所を選ばないコンパクトボディ

※ダイレクトパーツマーキングには打刻式とレーザー式があります。レーザー式のマーキング装置に関しましては別途お問い合わせ下さい。

STEP2:2次元コードのグレード(品質)を検証する
マーキングした2次元コードの品質を検証機で確認します。

ダイレクトパーツマーキング用検証機の特徴
・様々な方式の照明機能を搭載し、埋め込みデータの文法、構文チェックと
・各種規格に応じたグレード検証
・検証結果を出すレポート機能を備え、バックアップ用、コンプライアンス
・監査用としての利用

STEP3:医療機器管理への応用
パーツマーキングした2次元コードをDPM専用のスキャナで読み取ります。

ダイレクトパーツマーキング用スキャナ THIR-6200DDMの特徴
・業界最長距離(Bluetooth Class1)の通信エリアを実現
・ワイドビューウィンドウを採用し、狙いやすさと読み取りやすさを実現
・簡単読み取り設定を標準搭載
・多彩な照明・プリセットデータで簡単設定


ダイレクトパーツマーキングを利用すると、様々な現場でその現場ごとに必要な情報を管理する事ができます。

例えば…
手術用の医療器具の管理。
1回の手術ではメス、ハサミ、鉗子など、数多くの器具を使用します。
メスにも種類があり、熟練者でなければピッキングや目視検査に時間が掛かってしまいます。 手術中に器具が足らなかったら大変な事になりますし、手術前と手術後に器具をカウントし、使った器具があるかのチェックも必ず行います。
医療現場では何重にも確認して器具の管理をしていますが、人が目視で管理をしている限りミスが発生する可能性があるため、 DPMを使ったシステムの導入により、作業時間の短縮、ピッキングミスを防止します。

特長

事業紹介を見る