導入事例/全てのカテゴリー

全てのカテゴリー

倉庫在庫管理システム

ラベル発行及びラベル全面検査の完全連動システム

医療用医薬品業界に関するシステムは、薬事法に関連する文字検査やコンピュータ化システム適正管理ガイドライン(CSV)を順守等の対応が複雑になっており、各製薬メーカーでは対応に苦慮しています。
お客様の様々なご要望に応える商品として、インラインラベル検査装置「LaVeri」を開発致しました。
「人」による目視検査から「LaVeri」による自動化を実現致します。

特徴

高解像度カメラ搭載
当社のインラインラベル検査装置には高解像度カメラを搭載しております。
1カメラでプレ印刷、ラベルプリンタ印刷、バーコードを含むラベル全体まで検査ができます。

各種バーコードの品質検査が可能
ラベルの汚れ、ボイドだけでなく、ヒューマンリーダブル検査機能機能を搭載しております。
登録データとの照合を行い、データ内容の間違いがないのかのチェックも可能です。

バリデーション対応
医療業界で求められるバリデーション(カテゴリー3)に完全対応致します。

バーコードプリンタと完全互換
バーコードプリンタと完全連動した高精度ラベル検査装置は画期的なオンリーワンの製品です。
東芝テック製600dpi高精細バーコードプリンタを採用し、高品質のラベル印字を安定して提供致します。

特長

  • 特長

医薬品製造A社様
・元梱ラベルの発行及び検査を目的として導入しました。
・一回の発行枚数が5,000枚程度と発行枚数が非常に多く、また次工程でラベル自動貼り機を使用している為、ラベルの全数検査が必須でした。
・従来からカメラでの全数検査システムを導入していたが、LaVeriの導入により、従来機の約半分の時間でラベルの発行を行うことができるようになりました。
 また、今までにできなかったヒューマンリーダブルの読取り、微細の印字抜け等のチェックが行えるようになり、より精度の高いラベル検査を行えております。

医薬機器製造B社様
・製品ラベルの誤印字でロット不良が発生した経緯があり、その対策として導入頂きました。
・多品種少量の製品ラベル印字で、本来の製品は使用できない規格(寸法)の表示を印字してしまった。(ヒューマンエラー)
・上記の改善の為に、マスタパターンを登録し印字時に全数チェックを行います。
 合わせて、絵柄チェックを行い、類似したデザインのラベルの掛け間違い防止を行っています。

試薬製造C社様
・多品種少量の製品ラベルを使用しており、現在は1名の専任作業者が目視にてラベルチェックを行っております。
・自動化により属人化の廃止、機械化による判定レベルの均一化を目標として導入頂きました。

事業紹介を見る