システム開発

豊富な知識と経験、ノウハウを活かして、
お客様の環境に最適なシステムをご提案いたします。

山京インテック株式会社では、自動認識機器を有効的に活用できるソリューションを、システム設計から構築・運用・保守サービスまで一貫して行っております。ハードウェアとソフトウェアを最適に組み合わせたシステム設計は、製造業をはじめ、流通、物流、医療など、多種多様な業種で合理化・省力化に貢献。生産管理システムや、ラベル発行システム、RFIDを使用した貸し出し管理システムなど、多様なニーズにお応えいたしますので、何なりとご相談ください。

アプリケーション納入実績

アプリケーション納入実績
  • 【自社パッケージソフト開発】

    在庫管理システムSmartStock
    バーコード照合パッケージ
    医薬・製薬企業向け元梱ラベル発行
    パッケージ
    RFID貸し出し管理システム
    生産管理システムSmartPack

  • 【ラベル発行システム】

    各種かんばん発行システム
    元梱ラベル発行・照合システム
    医薬メーカー向け製品ラベル発行システム
    医療機器メーカー向け製品ラベル発行システム
    PCレス ラベル発行システム

  • 【工場、倉庫向けシステム】

    生産管理システム
    入出荷検品システム
    ピッキングシステム
    在庫管理システム
    照合システム
    棚卸システム
    作業実績収集システム
    トレーサビリティシステム
    原価管理システム

  • 【その他】

    販売管理システム
    小売POSシステム
    ハンディターミナル簡易POSシステム
    売上管理システム
    その他、多数の開発実績があります。

自動認識機器販売

自動認証機器の販売

お客様のニーズに合わせた各種商品をご提案いたします。

  • 【ラベルプリンタ】

    東芝テック株式会社

  • 【サプライ】

    各種ラベルやサーマルリボンなど、
    お客様の使用用途に合わせたサプラ
    イ製品をご提案いたします。

  • 【バーコードリーダ、
    ハンディターミナル】

    DENSO WAVE
    CASIO
    KEYENCE
    ZEBRA
    Honeywell
    オプトエレクトロニクス
    IDEC
    アイメックス

自動認識機器販売

  • 要件定義

    お客様のご要望を咀嚼・明確化し、最適なシステムをご提案いたします。

  • line
  • 設計(基本設計、設備設計)

    問題点の調査・分析を行い、
    システム機能を定義・設計します。

  • line
  • アプリケーション開発

    信州の山々に囲まれた、環境の良い作業場所で開発を行っています。改善活動の中で、コーディング規約の制定・モジュール共有化の推進、コーディングレビューなどを進め、効率良く精度の高い作業を目指しています。

icon

  • 運用・保守

    システム導入後のサポートもお任せください。お客様のご要望に合わせて、保守も行っております。システム拡張なども対応いたします。

  • line
  • 機能テスト・総合テスト・
    運用テスト

    機能テスト・総合テスト・運用テストを行い、お客様に安心して使用いただけるシステムを提供します。

アプリケーション開発スキル

アプリケーション開発スキル
  • 【Windowsアプリ
      ケーション開発】

    Visual Basic.net
    Visual C++.net
    Visual C#.net
    Java

  • 【モバイルアプリケーション開発】

    Windows Embedded Compact7
    Android OS

  • 【Webアプリケー
      ション開発】

    ASP.net
    Ruby on Rails
    Perl

  • 【対応可能データベース】

    SQL Server
    Oracle
    Access
    MySQL

  • 【ハンディターミナル
      アプリケーション開発】

    DENSOWAVE BHT-BASIC
    KEYENCE BT-Navigator
    WELCAT WebGlider-X
    C言語

GS1ヘルスケアジャパン協議会に入会しています!

GS1ヘルスケアジャパン協議会とは…

この協議会は、日本の医療業界における医療安全(患者安全)、物流の効率化、高度化、医療事務の効率化、トレーサビリティの確保及び医療事故の防止を図るために、バーコード、二次元シンボル、電子タグなどの製品識別技術を活用し、国内外の業界団体、行政当局、その他の標準化推進機関とも情報連携して標準化普及推進の諸事業を実施し、医療業界の発展に貢献することを目的にしています。製造業、卸販売業、医療機関による医療安全、患者安全、流通の高度化、トレーサビリティ構築などの課題について、欧米医療業界の動向を踏まえつつ、その実現を目指します。
GS1ヘルスケアジャパン協議会ウェブサイト→http://www.dsri.jp/gshealth/index.html

事業紹介を見る