会社情報 (ご挨拶/経営理念/沿革)

ご挨拶

山京インテック株式会社は、南アルプス連山や天竜川沿いの自然豊かな飯田市に拠点を築き、「顧客感動」を理念に、お客様から信用信頼される社風を心がけ、誠心誠意心を込めたモノ創りを提供いたします。

私たちは、この激動の時代を乗り切るために、今日まで築き上げてきた技術とノウハウをモノ創りに活かし、お客様とともに歩む経営体質を目指しています。

当社は、「設計開発」「製造」「機械加工」「システム開発」の4つの柱を軸に、設計開発段階から、部品加工、製造、生産支援システムといった、モノ創り必要不可欠な工程を一貫してご提供いたします。

また、サプライチェーンや市場経済がグローバル化する中、海外との共生も視野に入れながら、グローバル市場で戦える強い企業を目指してまいります。

これまでのコア技術をさらに研鑽して、全社員の英知を結集し、「お客様とともに歩む経営体質」を目指して取り組んでまいります。
今後ともご支援、ご指導賜りますようお願い申し上げます。

代表取締役中村 拓実

企業理念

企業理念

野火が激しく燃えても、全てを焼き尽くすことはできない。
根をしっかり張っておけば、春風とともにまた新しい生命の芽を吹き出す。

経営理念

顧客感動

我が社は、お客様の情報を咀嚼して、的確な商品開発を行い、心をこめた製造サービスに努め、良質の商品を良心的に製造販売する。

資質向上

我が社は、素直な心で衆知に学び、柔軟な頭脳と逞しい体力で、勇気を持って行動する。

参画経営

我が社は、社会との共生を礎に、将来にわたる事業の繁栄と、社員とその家族の幸せを目的に経営する。

沿革

1972年 飯田市長野原にて創業
1973年 6mm映写機 生産開始
1977年 シンクロ・レゾルバ 生産開始
1979年 エンコーダ 生産開始
1980年 「株式会社長野原機器製作所」 設立
資本金500万円
1982年 飯田市時又(現在地)に本社工場 竣工
1984年 機械加工部品 生産開始
1986年 資本金2,000万円に増資
1988年 システム開発 開始
1989年 水位計・流量計 生産開始
1990年 「長野原機器株式会社」に改名
1991年 生産管理システム 開発
1992年 「エヌ・ケー・シー株式会社」 設立
1994年 浜松営業所 開設
1995年 名古屋営業所 開設
2000年 機械工場 竣工
ISO9002 認証取得
2001年 「山京インテック株式会社」に改名
「エヌ・ケー・シー株式会社」を吸収合併
2002年 東京営業所 開設
ISO9001 移行認証取得
2005年 設計開発部門 設置
2006年 ISO14001 認証取得
2008年 代表取締役交代
2010年 航空宇宙産業 参入
医薬医療分野 参入
2011年 JISQ9100 認証取得
2014年 浜松営業所 閉所(名古屋営業所に統合)
2016年 ラベル検査装置 開発
2017年 ロボット産業 参入

事業紹介を見る